製品情報

LED HEAD LAMP BULB F series H19 COMPACT / F191HLB

LEDヘッドランプバルブ Fシリーズ H19 コンパクト / F191HLB
F シリーズ・コンパクトモデルに、日産DAYZ / ROOX、 三菱ekワゴン/ ekスペース等* に対応するH19タイプが登場!

抜群の 配光性能と明るさを誇る「LED ヘッドランプバルブFシリーズ」に* 日産 DAYZ(H31年3月以降)/ ROOX(R2 年3 月以降)/ 三菱ekワゴン(H31 年3 月以降) / ekスペース(R2 年3 月以降) に対応する「H19 タイプ」がラインナップ。
ハロゲンH19タイプはH4タイプ同様Hiビーム/Loビーム一体型のダブルフィラメントバルブですが、H4 と比較し細部の寸法や発光部の角度が異なります。このため、IPFの最新のLED 光学技術によりH19 専用タイプとして新設計。ハロゲン→LED ヘッドランプ化が可能となりました。

バルブはLED の冷却・廃熱構造を高効率化し、省スペース設計のコンパクトモデル。放熱性を損なわず、かつ車両側の障害物との干渉も極力避けるようヒートシンクの形状を繰り返し検討しながらダウンサイジングをはかりました。
~ その抜群の配光性能と明るさをより多くの車種へ ~
「LED ヘッドランプバルブ F シリーズ H19 タイプ」の登場です。

* 日産DAYZ(BR06)、三菱ek ワゴン(5BA) 年式:平成31 年3 月以降。
* 日産ROOX(B44A/B47A)、三菱ek スペース(B34A/B35A/B37A/B38A) 年式:令和2 年3 月以降。
(2020年9月時点)

H19 タイプに最適化。ドライバーユニット別体のセパレートタイプ。


ドライバーユニット別体のセパレートタイプ。冷却ファンを無くし薄型化。熱を効率的に逃がすヒートシンク形状により明るさを犠牲にする事なく、静音性と放熱性を両立。(意匠登録出願済み)

製品寸法図・システム構成
3つのテクノロジーによって実現した全光束4000lm ( 従来比約125%)!!
優れた放熱性によりトップクラスの明るさと完全配光を両立

 LEDヘッドランプバルブ開発のキーとなり、二律背反とも言える配光性能と明るさの両立。配光性能を追求するとバルブは薄型化される一方で、LEDチップの廃熱・冷却の面では厚型構造の方が有利。冷却性能の良し悪しは、すなわちLEDバルブのパワー(=明るさ:ルーメン数)を決定づける重要な要素となります。これらを両立するため、Fシリーズでは3つのテクノロジーを投入。
Hiビームでは従来品比約125%となる4000lm (従来品H4コンパクト3200lm)、Loビーム2800lm(従来品オールインワンモデル2600lm)の大幅なパワーアップを実現するとともに、完璧とも言える配光性能の両立に成功しました。

テクノロジー1 『デュアルCPS*』(特許第6178943号) *デュアルCPS=Dual Copper Post Structure
 IPF製LEDヘッドランプバルブのLED基板には高度な製造技術を要する“ポスト工法”で製造された銅基板を採用。
 Fシリーズではこのポスト工法LED銅基板を用いながら、その筐体構造をさらに進化させた新開発『デュアルCPS』を搭載。2枚の大型LED基板を背面合わせにし、それらをLEDボディで包み込む構造で、薄型化を実現しながらも、LEDから発生した熱をLED基板とLEDボディを通してヒートシンクまで効率よく導くことが可能となりました。


テクノロジー2 『高熱伝導・高熱放出構造』
  LEDボディは複雑な形状と高熱伝導を両立する高熱伝導アルミニウムダイカスト合金を使用。LEDからの熱を効率良くヒートシンクへ導き、効果的に冷却します。


テクノロジー3 『LACH*(ラック)』*LED Air-Cooling Hole
LED基板のサイズを超大型化(現行品比460%)し、放熱性を大幅に高めると共に、LEDボディ下部に空気の流れを利用した空冷口「LACH」を新採用*(特許第6410983号)

長寿命・低ノイズを実現した新開発SEPIC方式*
定電流ドライバーユニット採用。 24V車にも装着可能!

 高い信頼性、低ノイズを実現するため、FシリーズではSEPIC*方式のドライバー回路を採用。国内メーカー製のハイブリッドコンデンサや3端子フィルタ、コモンモードチョークコイル、フェライトコアなどを搭載。
 ⾼効率化を追求した回路のチューニングにより、消費電⼒はわずか25W。HID(約42W)やハロゲンバルブ(55〜65W)と⽐較し⼤幅なエネルギー削減に貢献します。
一般的な12V車以外にも、24V車やハイブリッド車、EV、PHEVなど、さまざまな車種で安心してご使用いただけます。
*Single Ended Primary Inductor Converter

⾼いEMC性能(ノイズ対策)と数々の安全装置を搭載

 基板パターンを最適化しEMC対策(ノイズ対策)を図るとともに、⾼性能ノイズフィルターを搭載することにより⾼いラジオノイズ抑制性能を実現。さらに、自動車メーカーのライン純正部品の要求レベルに準じた静電気・電源パルス保護機能や過電圧保護機能、過電流保護機能など、数々の安全機能を搭載。

ハイビームインジケーター点灯回路内蔵

一部メーカーの車種では、LEDバルブへ交換をすると、ハイビームインジケータランプが点灯しなくなる場合がありますが、本製品は点灯回路を内蔵することにより、ハイビームインジケーターも正常に作動。
※一部の低年式車については点灯しない場合があります。その際は別途 H4 ハイビームインジケーター点灯回路(品番:WA-4 税抜¥2,400)の装着が必要となります。


※本製品は純正ハロゲンヘッドランプ用のLEDコンバージョンキットとして設計されています。その他のランプ(フォグランプ等)の用途で使用した場合、車検基準に適合しない場合や、製品が故障する場合がありますので絶対に取り付けを行わないでください。
※取り付けには下欄の取扱説明書(PDF版) を参考にお取り付け下さい。

LEDヘッドランプバルブ Fシリーズ
(オールインワンモデル 品番:F341HLB /コンパクト 品番:F141HLB・F191HLB) 共通 取扱説明書(PDF版)

自動車メーカーの品質基準に準拠した各種試験を実施

 車検で使用されるヘッドライトテスターでの測定試験や実車での耐久試験はもちろんのこと、耐水、耐振動、耐衝撃、高温・低温、塩泥水、粉塵試験など自動車メーカーの厳しい品質基準に準拠した過酷な試験を行い、製品の信頼性を向上させております。

外観デザイン

IPF LEDヘッドランプバルブのDNAを継承する X(Cross)-LINE CONCEPT をFシリーズでも踏襲。LEDから発せられた力強い光をイメージした4本のクロスラインを取り入れ、力強さとスピード感を強調しています。セミグロスブラック仕上げのアルミ合金製ヒートシンク。その側面にはレーザー刻印されたIPFロゴを配し、IPFのコーポレートカラー「情熱」を表現したピンクをOリングに採用。IPFブランドの想いが込められた外観デザインは、比類の無い本物の証です。
 さらにFシリーズには、バルブ先端に光輝エンブレムを採用。ヘッドランプを美しく演出し、ステータス性を高めます。

ハイブリッド車・アイドリングストップ車対応
安心の3年保証

LINE UP

F191HLB
BULB TYPE : H19
消費電力 : 12v/24v 25w/21w
色温度 : 6500k
明るさ(lm):Hi:4000lm/Lo:2800lm バルブ2本分
JAN : 4951499 019867
価格 : ¥30,000
車 検 対 応
※価格は全て税別です。

灯体関連業販はコチラ
悪質な模倣品・コピー製品にご注意下さい

LED HEAD LAMP BULB F series LEDヘッドランプバルブ Fシリーズ

F341HLB
H4タイプ 6500k
F141HLB
H4タイプ 6500k コンパクトモデル
F301HLB
H11タイプ 6500k
F101HLB
H11タイプ 6500k コンパクトモデル
F351HLB
HB3/4タイプ 6500k
F151HLB
HB3/4タイプ 6500k コンパクトモデル
F3R1HLB
HIR2タイプ 6500k
F1RAHLB
アクア・ヴィッツハイブリッド専用HIR2カバー付灯体対応タイプ
F191HLB
H19タイプ 6500k コンパクトモデル